ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:洞不全症候群]

洞性徐脈

要点
  • 洞結節からの興奮が緩徐となっている状態で、洞調律の状態は変わっていない。
  • P波からQRS、T波へと続く関係は正常で、形も変わらない。
  • 脈が遅くなっていることで、一拍ごとの血圧は正常か、あるいは低下する。
  • 心臓から1分間に拍出される血液量(心拍出量)が低下し、それによる、めまい・失神などの症状が現われることがある。

Adams Stokes発作

徐脈が原因で心拍出量が減少することで、一過性の脳虚血を生じ、その結果、めまい、失神発作、痙攣を起こすものをAdams Stokes発作という。

[印刷用に表示][Next:洞不全症候群]

-----