ハート先生の心電図教室
Top > 上室性不整脈 > TUP現象

TUP現象

T波が緩やかな形として描かれ、続いてU波が現れ、その後、T波・U波と同じ程度の大きさでP波が描かれた場合に、あたかも全てがP波のように見え、心房粗動や心房頻拍と、誤って判断されることをTUP現象という。特に、第Ⅱ誘導波形で見られることがあり、注意する必要がある。そのために、頻拍を疑う場合において、12誘導を念のために記録しておくことが必要である。

[図]
図: TUP現象

※U波とは、心外膜から中間膜にかけて存在するM細胞という、特殊な電気生理的活性を有する細胞群から生じる後脱分極波(心筋細胞が電気的エネルギーを放出した後に起こる波)である、とする考え方が有力視されている

-----