ハート先生の心電図教室
Top > 心電図の基本 > 基本心電図波形

基本心電図波形

心電図波形の正常値

[図]
図: 正常心電図の各部の名称
P波 0.06~0.10 秒
高さ 0.25 mV
QRS波 0.06~0.10 秒
高さ 誘導部位によって異なる
T波 0.10~0.25 秒
高さ 0.5mV(四肢誘導)、1.0mV(胸部誘導)
U波 0.16~0.25 秒
高さ 0.05mV(四肢誘導)、0.1mV(胸部誘導)
PQ時間 0.12~0.20秒
QT時間 0.30~0.45秒

心拍数の数え方

まず、心電図のR波が、記録紙のマス目の太い線(5mmごとの線)に重なって記録されている波形に注目する。そおから次のR波が現われるまでに、太めのマス目が何本あるかを数える。

300 ÷ 太いマス目の数 = 心拍数

[図]
図: 心拍数の数え方

この例では、大きいマス目が4で、心拍数は75となる。

ただし、この方法では、次のR波が太めの線上に載っていない場合には、多少不正確となる。より正確に計測するためには、R-R間隔の実測距離(mm)を求め、1500を、その距離で除する方法もある。

1500 ÷ 実測のR-R間隔 = 心拍数

例えばR-R間隔が実測で25mmの場合、心拍数は1500÷25=60となる。

-----