ハート先生の心電図教室
Top > 心電図の基本 > モニター誘導 > 標準モニター誘導

標準モニター誘導

モニター誘導とは

[図]
図: モニター誘導。左:3点誘導 右:5点誘導

3点誘導法

3点誘導とは、基本的に四肢誘導法で、通常、左の腰に付けている電極がプラス側となり、右肩の電極がマイナス側となっている。そのために、これは四肢誘導の第II誘導となる。

5点誘導法

5点誘導では、標準の四肢誘導と同じ関係で、I、II、III、aVR、aVL、aVFの波形が得られる。併せて白の電極を、任意の胸部誘導部位に貼付することで、一つの胸部誘導波形もモニターできる。この場合、胸部誘導部位の選択は、不整脈の観察が主目的の場合は、V1を選び、心筋虚血の判定が目的の場合には、V5ないしV6が適当である。

-----