ハート先生の心電図教室
Top > 心電図の基本 > 正常興奮伝播による心電図波形のなりたち

心電図波形の成り立ち

P波

[図]
図: 心電図P波の描かれ方
[図]
図: 正常胸部誘導心電図波形

心房内の興奮は、右房から左房へと向う。この時、胸部誘導のV1付近で見ていると、はじめ近づき、その後遠ざかって行くように見える。そのために、P波は上を向いた後、下向きの波形として描かれる。

それに対して、V5付近や第II誘導で見ていると、右房成分も左房成分も、どちらも近づく方向に見えることから、上向き波形として両者は描かれる。

QR波

[図]
図: 心電図QR波の描かれ方

心室内の興奮は、まず、左室側から右室側に向う。この時、右側の胸部誘導(V1,V2)には上向きの波形(R波)として描かれ、一方の左側壁側(V5,V6)や足側から見ている第Ⅱ誘導では、遠ざかるものとして観察できることから下向きのQ波として描かれる(正常Q波)。

その後、興奮は全体として左側方へ向うため、右側胸部誘導(V1,V2)では遠ざかる方向として観察できるためS波を描き、左側方のV5,V6や第Ⅱ誘導では近づくものとして見え、上向きのR波を形成する。

-----