ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:心筋細胞の放電と充電]

刺激伝導系

要点
       
  • 洞結節は、心臓の電気的な活動を統括している管理責任者である。
  •    
  • 心房内および心室内の伝導路は、電線のような性質で、素早くメッセージを心筋細胞に伝える。
  •    
  • 心房を構成する心筋細胞は、仕事の号令を受けて活動する。
  •    
  • 房室結節には、リーダ役(ペースメーカー細胞)が存在している。この場所を通過する際には、少し速度を落とす。
  •    
  • 心室側にも心室のリーダが存在し、心室内の伝導路(電線)を通って素早くメッセージを心室の心筋細胞に伝える。

洞結節は、心臓の調律を司る総司令塔で、婦長のような存在です。この婦長が最も適切な調律メッセージを発信します。

婦長が発したメッセージは、まず心房のスタッフ(心筋細胞)に伝えられ、全員が活動を開始します。

房室結節は、心房と心室を繋ぐ通路で、ここを通過する際に少し速度を落とします。

メッセージが心室に入ると、リーダーに引き継がれ、直ちに右室と左室、両方の部屋のスタッフに伝えることで、全員がすぐに仕事を開始します。

【スポンサードリンク】

あなたの"理想の職場"が見つかる!【ジョブデポ看護師】

[印刷用に表示][Next:心筋細胞の放電と充電]

-----