ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:第1度房室ブロック]

洞不全症候群

心電図を表示
要点
  • 洞機能が低下し、そこから発する興奮の頻度が緩徐で、かつ不規則となっている状態。
  • P波からQRS、T波へと続く関係は正常であるが、先行するP波を認めない場合もある。
  • 脈が遅くなることで、一拍ごとの血圧は低下する傾向にある。
  • 心臓から1分間に拍出される血液量(心拍出量)が低下し、それによる、めまいや失神などの症状が現われることがあり、ペースメーカーの適応となる。

洞不全症候群(sick sinus syndrome; SSS)とは、洞機能が低下し、それによって洞性徐脈、洞停止、洞房ブロックなどが複合して発生するもので、3つのタイプに分類されている(Rubensteinらによる洞不全分類)。I型は持続性の洞性徐脈、II型は洞停止又は洞房ブロック、III型は徐脈頻脈症候群(bradycardia-tachycardia syndrome)と分類される。

さらに、心房粗動や心房細動、発作性上室性頻拍などを合併する場合もある。しかし、比較的予後の良いものの多いことも特徴である。徐脈の傾向が強く、めまい・失神などの症状があり、その原因が本症にあると確認されている場合にはペースメーカーの適応となる。

[印刷用に表示][Next:第1度房室ブロック]

-----