ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:左脚ブロック]

右脚ブロック

右脚の刺激伝導系が障害された状態で、His束より伝えられた刺激は右脚には伝導されず、左脚のみに伝導される。このため左室の興奮が先に起こり、その後、左室(心室中隔)を介して右室に興奮が伝えられる。従って、右室の興奮開始と終了は、左室より遅れることになり、QRS波は幅広く変形する。右脚の障害の程度によりQRS波の幅が0.12秒以上(記録幅3mm以上)のものを完全右脚ブロック、0.1秒以上0.12秒未満のものを不完全右脚ブロックと呼ぶ。

心電図

右脚ブロックの心電図の特徴は、V1誘導で波形が上向きを示すことである。

[印刷用に表示][Next:左脚ブロック]

-----