ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:心室期外収縮の起源]

心室期外収縮の危険度

基礎疾患に心筋梗塞がある場合の心室期外収縮で、Lown分類3以上のタイプを観察した場合には、直ぐに医師に連絡し、適切な指示を受ける必要がある。基礎疾患を有さない場合においても、このような不整脈を捉えた場合には、念のために、医師に連絡をとっておく。

Lown分類

grade0: 心室期外収縮無し
grade1: 散発性(1個/分または30個/時間以内)
grade2: 散発性(1個/分または30個/時間以上)
grade3: 多形性(期外収縮波形の種類が複数あるもの)
grade4a: 2連発
grade4b: 3連発
grade5: 短い連結期(R on T現象)

表の下に行くほど危険な期外収縮である。

[印刷用に表示][Next:心室期外収縮の起源]

-----