ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:心室期外収縮の危険度]

PVC発生時期と発生する血圧の違い

心室性期外収縮が発生した場合、期外収縮のR波と直前の心電図R波との時間間隔が短くなるにつれて、血圧が発生し難くなる(結滞)。本例では、最初の期外収縮では、期外収縮のRと、その前のR波との間隔は、比較的、正常間隔近くに保たれており、その時、血圧は発生している。しかし、その後の期外収縮では、順に、期外収縮のRと、その前のR波間隔が短くなり、発生する血圧も低下している。
この原因は、R(期外収縮)-R(その前の正常波形)間隔が短くなることで、心室の拡張時間が短縮し、それによって左室に充満される血液量が低下するために、送り出される血液量(一回拍出量)が減少するためである。

[印刷用に表示][Next:心室期外収縮の危険度]

-----