ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:心房細動と心房粗動]

発作性上室頻拍(PSVT)

心電図を表示
要点
  • 心房内および房室接合部付近で、1分間に150~250程度の頻繁な興奮が発生。
  • P波は、しばしば確認できないが、QRS波は幅の狭い正常な形を取る。
  • 脈は突然、速くなる。血圧は正常か、あるいは低くなることもある。

心房内および房室接合部付近(これらを合わせて上室という)に異所性興奮が発生し、高頻度の刺激を発する。この時の興奮回数は150~250/min程度となる。洞性頻脈と異なり、突然、発作的に起こり、また突然、消失することがある。

上室側で発生したリエントリー回路の形成によって発症すると考えられている。

心房拍数が180/min以上になると、頻繁な興奮が全て房室結節を通過できなくなることがあり、その結果、房室ブロックを伴うことがある(PAT with block)。

心房性頻拍(PAT)と上室性頻拍(PSVT)

心房性頻拍は、房室結節より上の場所(心房側)で発生するものをいう。これに対して、房室接合部周辺で発生する頻拍は、房室接合部性頻拍として区別される。しかし、両者を区別するためには、P波の形、P波とQRS波との時間間隔などを確認する必要があるが、実際に頻拍となった場合、P波そのものを鑑別することは、しばしば困難となる。このような場合に、心房性と房室接合部性、両者に共通した特長として、QRS波の幅が変わらず正常幅を示しているときには、心房性と房室接合部性の両方を、ひとまとめにして「上室性」という分類が用いられる。

[印刷用に表示][Next:心房細動と心房粗動]

-----