ハート先生の心電図教室

INDEX

[Next:電気的活動]

自動能

要点
  • 洞結節や房室接合部周辺・His束・心室側の心筋細胞などは、自ら興奮し刺激を生み出す能力がある。
  • それらが生み出すことのできる興奮の回数は洞結節が最も多く、下位に行くに従って、その数は少なくなる。

普段は、洞結節が初めに興奮し刺激を発生するため、それより下位の部位(房室結節や心室)は、洞結節からの刺激を受けて活動している。しかし、洞結節からの興奮が伝わってこない場合や、興奮の発生が遅れる場合には、房室結節や心室が興奮を発生し、それによって心室は仕事を始めることになる。

しかし、房室結節や心室が仕事を請け負う場合には、下位に移る程、1分間に発する興奮回数は減少する。

この関係が、徐脈性の不整脈発生のメカニズムで、しばしば登場する。

[印刷用に表示][Next:電気的活動]

-----